天神ビッグバンによって起こる経済効果とは?インバウンドの需要と渋滞緩和につながる?新しい商業施設と駐車場は?

スポンサーリンク

福岡天神地区で話題の天神ビッグバンがいよいよ大きく動き出しています。

今回は天神ビッグバンに関しての情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

天神ビッグバンとは?

天神ビッグバンは、福岡市が発足した都市再開発プロジェクトです。このプロジェクトは、福岡県の繁華街である天神エリアの老朽化した建物や施設を一新し、天神エリアのさらなる活性化を目指すために生まれました。具体的には、天神交差点から半径約500m(約80ha)を天神ビッグバンエリアとし、新たな空間と雇用を創出するプロジェクトのことです。このプロジェクトは2026年までに積極的にビルの建て替えが行われています。

福岡市 『天神ビッグバン』着実に進行中!!
新たな空間と雇用を創出する『天神ビッグバン』!インセンティブ制度『天神BBB』も創設。

天神ビッグバンで起こる経済効果の試算は?

天神ビッグバンの主な目的は、福岡市の都市再開発を通じて、天神エリアの活性化と経済発展を促進することです。具体的には、老朽化した建物や施設の改修や建て替え、新たな商業施設やオフィスビルの建設、そしてそれに伴う新たな雇用の創出が期待されています。

天神ビッグバンによる建設投資効果は、2,900億円と試算されています。また、毎年8,500億円の経済波及効果が発生すると推計されています。これらの試算は、福岡市が行ったもので、天神ビッグバンエリア内に1975年以前に完成した6階建以上の延床面積3,000平方メートル超のビルが30棟あったという事実に基づいています。これらのビルが2024年までの10年間にすべて建て替わった場合、延床面積で現行の44万4,000㎡から1.7倍の75万7,000㎡、雇用者数も同3万9,900人から2.4倍の9万7,100人に増えると試算されています。

また、帝国データバンク福岡支店によると、再開発の工事を担う元請け12社がビル建設に2500億円を投じると、全国の約6万2000社に最大で3500億円の増収効果が生じるという試算があります。12社と直接取引をする約1万7000社にはこのうち1200億円の効果が及ぶとされています。

天神ビッグバンでのインバウンドの需要と見込みは?

天神ビッグバンは、新たなビルの建設に加え、開業後には新規店舗の出店、オフィスビルへの新たな企業の進出・移転、またそれに伴う雇用者の増加など、地域経済への好影響が期待できます。また、九州最大の繁華街・天神地区に「商業空白地帯」とも言えるスペースが生まれますが、天神には地区一体となった取り組みで、これまでも成果を上げた集客実績があります。

天神ビッグバンで期待できる渋滞緩和は?

天神ビッグバンの施策の中にも、地下鉄の利用促進、都心循環BRTの形成など、公共交通機関の拡充が盛り込まれています。これらの公共交通機関の整備が渋滞対策としていかに効果を発揮できるかが注目されています。

天神ビッグバンでオープンする新しい商業施設の名前は?駐車場は?

天神ビッグバンの一環として、福岡大名ガーデンシティビルが2023年にオープンしました。この施設は、旧大名小学校跡地に建てられ、広場、創業支援施設、公民館、商業施設、オフィス、ホテル等、全てが整った複合商業施設となっています。

今後も天神ビッグバンでは福岡大名ガーデンシティビルに引き続き、様々な新しい商業施設がオープンすると思われますので、新しい商業施設と駐車場の情報も判明次第、お知らせしていきたいと思います!

天神ビッグバンのまとめ

天神ビッグバンは、福岡市が発足した都市再開発プロジェクトで、天神エリアのさらなる活性化を目指しています。このプロジェクトにより、建設投資効果2,900億円、延床1.7倍、雇用2.4倍という経済効果が期待されています。また、新たなビルの建設により、新規店舗の出店、オフィスビルへの新たな企業の進出・移転、雇用者の増加など、地域経済への好影響が期待できます。さらに、公共交通機関の拡充により、渋滞の緩和も期待されています。そして、新たな商業施設として、福岡大名ガーデンシティビルが2023年にオープンし、次々と新しい商業施設がオープンする予定です。

このブログでは今後も天神ビッグバンの情報を取り上げていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました