福岡ビル・天神コアビル・天神ビブレの跡地の名前はワンフクオカビルディング?オープンと駐車場は?

スポンサーリンク

福岡市の天神地区は、九州の経済と文化の中心地として知られています。この活気ある地域に、新たな歴史を刻む建築プロジェクトが進行中です。

その名もワンフクオカビルディング

2024年12月の完成を目指し、現在建設が進められているこのビルは、天神の新しいシンボルとして期待されています。地域の経済発展はもちろん、福岡の都市景観にも新たな息吹をもたらすことでしょう。

今回はワンフクオカビルディングについて現在分かっている情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

ワンフクオカビルディングのオープン日は?

福岡市中央区天神に位置するワンフクオカビルディングは、天神ビッグバンの中心となる事業として、2024年12月の竣工を目指し、現在建設が進められています。また、2025年春にはホテルが開業予定となっております。この大型複合ビルは、福岡の新たなランドマークとして注目されており、その完成は地域経済にも大きな影響を与えることが期待されています。

ワンフクオカビルディングのプロジェクトの背景

ワンフクオカビルディングは、福岡ビル・天神コアビル・天神ビブレの跡地に再開発されるプロジェクトの一環として計画されました。このプロジェクトは「福ビル街区建替プロジェクト」と呼ばれ、天神地区の更なる活性化を目的としています。

ワンフクオカビルディングのコンセプト

ワンフクオカビルディングのコンセプトは「創造交差点」をテーマに掲げており、以下の3つのポイントに焦点を当てています。

  1. 福岡という都市の創造交差点:福岡市の中心部であり、多くの人々が集まる天神地区において、新しいアイデアや創造が生まれる場所を提供します。
  2. アジアと福岡・九州の創造交差点:アジア各国との連携を強化し、国際的なビジネスのハブとしての役割を果たします。
  3. 働きと暮らしの創造交差点:オフィス、商業施設、ホテルなどが一体となった複合施設を通じて、働く人々と訪れる人々の生活を豊かにします。

ワンフクオカビルディングのビルの構造と設備・駐車場は?

ワンフクオカビルディングは地下4階、地上19階建てで、地下3階と4階には213台を収容する駐車場が設けられています。地下2階から地上5階まではショッピングゾーンが展開され、6階と7階には九州最大のスカイロビーがあります。また、8階から17階まではオフィスフロアが、18階と19階にはホテルが配置されています。

ワンフクオカビルディングの設備には、自然換気が可能なダブルスキンや非接触エレベーターシステム、セキュリティゲート、防災センターなどが含まれており、最新の技術が取り入れられています。

ワンフクオカビルディングの経済への影響は?

ワンフクオカビルディングの開業は、福岡市だけでなく、九州地方全体の経済活性化に寄与すると期待されています。新しいオフィススペースの提供により、地元企業だけでなく、国内外の企業の誘致が見込まれます。また、ショッピングゾーンやホテルの開業は、観光産業にも好影響をもたらすでしょう。

ワンフクオカビルディングまとめ

ワンフクオカビルディングは、福岡市の新しい顔として、地域の象徴的な存在になることが期待されています。その完成は、福岡市のみならず、九州地方の新たな発展を象徴する出来事となるでしょう。

今回は福岡の新しい施設ワンフクオカビルディングについて調査してきました。今後もこのブログではワンフクオカビルディングの情報をご紹介していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました